富士見台駅から徒歩30秒〒176-0021 東京都練馬区貫井三丁目2番7号 丸市ビル2階
ご予約・お問合せtel03-5933-9752
保険適用可採用情報

ブログ

ブログ|富士見台駅前皮ふ科|富士見台駅南口徒歩30秒|皮膚科・美容・小児

巻き爪・陥入爪の治療について

巻き爪・陥入爪の治療についてご紹介いたします。

 

<痛みがない場合>

保険治療:テーピング、爪切り、コットンパッキング

爪が直接皮膚に食い込まないようにします。

自費治療:プレート法

爪の先に形状記憶合金でできたプレートを爪の先に装着します(1指につき、5500円)。

プレートの元の形に戻ろうとする性質を応用し、爪の先に引っかけて治療します。治療にはほとんど痛みもありません。爪の矯正だけでなく、再度周囲の皮膚に食い込まないための予防の役割も果たします。

 

<痛みを伴う場合>

痛みに対して鎮痛薬を処方します。細菌感染している場合は抗菌薬の飲み薬で治療します。

爪の周囲に肉芽腫という腫瘍を形成している場合には、液体窒素と塗り薬による治療を繰り返します。

上記で十分効果を期待できるのですが、繰り返しの治療でも改善に乏しい場合、早く治したい場合、他の治療では何を受けても改善しなかった場合には手術(フェノール法、肉芽腫の摘出)をおすすめします。手術自体は約10分で終了します。

術後は1週間程度、激しい運動を避けていただきます。翌日よりシャワーを浴びることができ、傷が治るまでに1-2週間かかります。

少し爪が細くなりますが、根治率は最も高い治療です。

 

<よくある質問>

Q1.痛みはないのですが、病気ではないか心配です。

爪への外的な圧迫によって巻き爪は誰にでも起きえます。

痛みがない場合には急いで治療する必要はありませんが、上述の通り腫れる前に手を打っておくことをおすすめします。また爪は自然に巻いてくるものという説もあるくらい、巻き爪はありふれた疾患です。ただし、下肢の循環障害や爪水虫が隠れていて爪の変形をきたすこともありますので、必要に応じて検査を行うことがあります。

 

Q2.爪を短く切った方が良いのでしょうか?

巻き爪になると爪を短く切りたくなるのですが、これはかえって陥入爪を悪化している原因となることがあります。あえて爪を適切な長さまで伸ばすことが陥入爪治療の原因となります。

 

Q3.爪を伸ばしている途中で痛みが出てしまいます。どうすればいいですか?

テーピングをして皮膚を引っ張ることで食い込みを予防する方法や、爪が食い込んでいる部位に綿をつめることで痛みを和らげることができます。

 

Q4.治ってもまた痛みが出るのではないかと心配です。

巻き爪は、爪への外的な圧迫が原因であることが多いです。そのため、先の細くなっている靴、きつい靴など、足に不適切な圧迫が加わるような履き物は、なるべく避けた方が良いでしょう。大きすぎず、柔らかくて適切なサイズの靴を履くことをお勧めします。

 

Q5.手術を受けたいのですが、気をつけることはありますか?

手術当日は足の指に包帯を巻くため、サイズに余裕のある履き物でお越しください。術後はそのままご帰宅いただけます。

手術翌日は患部を濡らさず、翌日からシャワーを浴びていただけます。

飲酒はせず、術後診察(およそ1週間後)までは激しい運動は控えてください。

局所麻酔は1-2時間で切れますが、鎮痛薬を処方いたします。

お薬を受け取ったら予防的に内服していただくと、痛みを十分に抑えることができます。

 

Q6.手術は痛くないですか?

麻酔をするので、手術自体は痛くないのですが、麻酔薬を注射する際に多少痛みを伴います。

 

 

医療法人社団伸緑会 富士見台駅前皮ふ科(練馬区富士見台駅徒歩30秒)

保険診療はもちろん、できものの検査・手術や美容のご相談など、お気軽にお越しくださいませ。

ご予定がおわかりになる患者様はご予約(電話予約可)していただききますと、よりスムーズにご案内できます。

一般皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・アレルギー科

院長 西岡いずみ

TEL 03-5933-9752

FAX 03-5933-9753

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ